公益財団法人大阪成人病予防協会

The Osaka Foundation for The Prevention of Cancer and Life-style related Diseases (Public Interest Incorporated Foundation)

ご挨拶

 大阪成人病予防協会は、昭和35年2月の設立以来、皆様からのご支援により、成人病の予防、診断、治療に関する事業を行い、現在では、同研究を助成、顕彰すると共に、啓発のため、患者団体等への支援、講演会の開催、その援助及び出版などの公益事業を行い、府民の健康の向上に貢献することとしています。

 また、当法人は、平成25年10月1日から公益財団法人に移行しましたが、引き続き、成人病の克服との高い理念を掲げ、多方面からアプローチを続けてまいりますので、皆様方の力強いご支援を心からお願いいたします。

                                                                                                                                                                                                                               会    長  今 岡   真 義

                                                                                                                                                                                                                               副  会 長  岩 永     剛   

                                                                                                                                                                                                                               専務理事       松 浦   成 昭

                                                                                                                                                                                                                               常任理事  正 岡     徹

                                                                                                                                                                                                                               常任理事  大 島     明

協会の概要

名 称    公益財団法人 大阪成人病予防協会

所在地     〒541-8567

        大阪市中央区大手前3丁目1-番69号(平成29年4月1日移転)

設立許可    昭和35(1960)年2月25日  財団法人大阪成人病予防協会

移行登記    平成25(2013)年10月1日  公益財団法人大阪成人病予防協会

会長(代表理事)  今岡真義

設立目的    成人病を克服するために、日常生活における予防の実践、高度医療に伴う臨床研究、
       地域・在宅医療を支援し、あわせて、人材の育成に努め、
       もって府民の健康と少子・高齢社会における生活向上に寄与することを目的とする。

事業内容

  1.  成人病予防に関する講演会の開催、啓発資料の作成、その他成人病の予防知識の普及、浸透
  2.  成人病に関する医学研究、臨床研究の助成及び優れた研究の顕彰
  3.  成人病に関する薬剤、医療機器等に関する臨床研究
  4.  成人病に関する臨床研究及び調査研究にかかる症例登録、症例データの管理等
  5.  成人病に関する臨床研究及び調査研究にかかる企画運営・ソフトウエアの取得・開発・保守・利用
  6.  その他この法人の公益目的を達成するための必要な事業

協会の沿革

設立趣意書

 近年、高血圧症、動脈硬化症、心臓疾患、悪性新生物等のいわゆる成人病による死亡は、結核その他の伝染病による死亡が激減したのに反して著しく増加の傾向を

示し、最近の府下における総死亡の約半数は、この成人病によって占められている現状であります。

 特に、社会的に国民の中核として大きな責務を担い、家庭的にも一家の中心となっている40~60歳の人々を襲う成人病に対して積極的な予防対策を講ずることは、

現下の急務であり、公衆衛生活動の分野における今後の最重要課題の一つであると考えられます。

 このような状勢に鑑み大阪府においても、さきに府立成人病センターの設置、保健所施設の整備、成人病に関する健康診断の実施等、画期的な諸対策を打ち出し、

これに対処せんとしております。

 しかしながら、成人病に関する諸対策、諸研究は、最近ようやく、発展段階を迎えたところであり、これを本格的な軌道に乗せ、今後の飛躍的な効果を期待する

ためには、単に行政関係者の活動のみに頼ることなく、広く関係団体や、一般府民の熱意を結集し、その積極的な理解と協力の下に、より広範な活動を我々自らの手で展開していく必要のあることが痛感されます。

 ここにおいて、我々は府下の有志と相図って、財団法人大阪成人病予防協会を設立し、上記の目的を達成するために微力を尽すことといたしました。

 本協会は、関係公私団体との提携、連絡、協調を図り、成人病の予防並びに早期発見、早期治療の促進に必要な事業を行い、成人病予防事業関係者の活動を援助し、成人病予防運動の推進体として、公衆衛生の向上、府民の福祉増進に寄与しようとするものであります。

昭和35年1月18日

設立代表者 大 塚 兼 紀   大阪国際貿易センター常務取締役

設立発起人 今 村 荒 男   大阪府立成人病センター所長

      小 沢 凱 夫   大阪府立病院院長

      工 藤 友 恵   関西経済連合会常任理事

      纐 纈 竹 雄   大阪府衛生部長

      里井 達三良    大阪商工会議所専務理事

      関  悌四郎    大阪大学医学部教授

      千 田 信 行   大阪府立成人病センター副所長

      寺 尾 威 夫   大和銀行頭取

      服 部 冨士雄   大阪府出納長

      広 島 英 夫   大阪市衛生局長

      藤 原 哲     大阪府医師会長

      古 野 秀 雄   大阪府衛生部長

      吉 田 常 雄   大阪大学医学部教授

 

協会の歩み

昭和35(1960)年1月 設立発起

昭和35(1960)年2月 財団法人として設立

昭和43(1968)年5月 集団検診車による胃集団検診開始

昭和57(1982)年4月 肺がん集団検診開始

昭和58(1983)年4月 子宮がん集団検診開始

昭和62(1987)年3月 集団検診事業を財団法人大阪がん循環器病予防センターに移管

平成15(2003)年4月 臨床研究支援データセンター事業の開設(サーバー管理業務、クラウド導入)

平成25(2013)年10月 公益財団法人へ移行

平成29(2017)年10月   大阪国際がんセンター6階へ移転

2015年11月より
新しいホームペーになりました。
古いホームページを見たい方こちら